環境基本理念

COMPANY


ハートスグループは、
「人を愛する心 物を愛する心 そこから人の心を打つ、表現が生まれる」
を社訓とし、当社に関わる全ての「人」、「物」に対する感謝の「心」を常に抱き、お客様に対する「感動への創造」を実現すべく事業活動を展開しています。
 ISO14001認証取得活動開始時から現在に至るまで「地球環境の保全」が21世紀の人類社会における最重要課題であることを認識し、環境保全に対する取組みを事業活動の基本理念と捉え活動を展開して参りました。
 具体的には自然エネルギーを活用したデザインや提案、LED機材の積極的導入や省エネルギーを意識した空間デザインプラン等が挙げられますが、今後もさらに新たな発想や技術の開発に努め、より一層高いレベルのサービス提供の実現に向けて取組みを強化していきます。
 グループ社員一同、我々を取り巻く環境(「人」・「物」全て)を「愛する心」を忘れず、より良いサービスの提供に努めます。

ハートスグループ事業活動

テレビ・舞台・ホテル・イベント等における照明・音響・映像業務を駆使した空間演出(企画・設計・電気・工事・オペレーション)、電気設備のシステム設計、設置及び電気工事を実施しています。
 また、LED照明器具に代表される省エネルギー仕様の機材、自然エネルギーや深夜電力を活用できる蓄電システムを導入し、空間演出時における消費電力を抑制させるとともに、高機能・高効率な機材で構築する演出システムのダウンサイジングを行い、設営・機材輸送時のCO2排出量の削減を目指すとともに、文化施設・教育施設等への太陽光発電システムの設置を推進し、自然エネルギーの普及に努めています。

ハートスグループ環境方針

  1. 1.事業活動が環境に与える影響を的確に把握し、環境マネジメントシステムを構築し、技術的・経済的に可能な範囲において社員全員で取組み、継続的改善、汚染の予防、資源の有効活用、気候変動の緩和に努めます。
  2. 2.環境関連法規制およびハートスグループが同意するその他要求事項を順守します。
  3. 3.事業活動から生じる環境への負荷を極力減少させる為に以下の事項について改善に努めます。
    1. (1)電力・石油・ガス・水の有効活用および使用量の適正化
    2. (2)原材料の有効活用および廃棄物の削減
    3. (3)廃棄物のリサイクルに向けた分別廃棄
    4. (4)排ガスの軽減
    5. (5)マナー・モラルの向上
    6. (6)品質の向上

    上記取組みのため、環境目的・目標を設定し、改善プログラムを作成・推進すると供に、定期的にその達成度を確認して、見直しを図ります。

  4. 4.環境方針を含む環境マネジメントシステムを文書化し、全社員および事業活動に関連する人々に周知すると共に、全社員の理解を深める為および活動の推進の為の教育を継続的に実施します。
  5. 5.この環境方針をホームページで掲載することで一般の人に公開します。
    また自由な閲覧、持ち帰りができるようにします。

平成28年7月1日
ハートスグループ代表
前田 征道

PAGE TOP